document.write('

岩手県の施策の概要

岩手県地球温暖化対策実行計画について

岩手県では、地球温暖化対策の推進に関する法律第20条の3及び新エネルギーの導入の促進及び省エネルギーの促進に関する条例第9条に基づき、『岩手県地球温暖化対策実行計画 「省エネ」と「創エネ」で築く低炭素社会の実現を目指して』を平成24年3月に策定しました。
本計画は、県民や事業者、行政などの各主体が一体となって、温室効果ガス排出抑制等の対策や再生可能エネルギーの導入促進、森林吸収源対策に取り組むことにより、環境にやさしく、災害にも強い「低炭素社会の実現」を目指して策定したものです。

岩手県における再生可能エネルギー導入目標と実績

東日本大震災津波や原発事故を契機とした再生可能エネルギーへの関心の高まりと、平成24年7月から固定価格買取制度が実施されたことにより、これまでのところ、太陽光発電を中心に導入量は順調に推移しているものの、風力発電と地熱発電の一層の導入拡大に向けた取組が必要です。

岩手県における再生可能エネルギーのポテンシャル

本県の再生可能エネルギーの推定利用可能量は、技術的、経済的、社会的、環境的制約要因を考慮した上で取り出すことのできるエネルギー資源量を「推定利用可能量」として算定した場合、電力利用が230 億6,800 万kWh、熱利用が8 万kl となっています。

取組の方向性と平成26年度の主な取組の状況

(1) いわての強みを生かした再生可能エネルギーの掘り起こしと地域に根ざした取組の推進

平成26年度の主な取組の状況

(2) 自立・分散型エネルギー供給体制の確立

平成26年度の主な取組の状況

平成27年度における施策展開

(1) 着実な事業化の促進と新規事業の掘り起し

取組の方向性と平成27年度における施策展開

(2) 自立・分散型エネルギー供給体制の確立

取組の方向性と平成27年度における施策展開

');