document.write('
【ポータルサイト】 ポータルサイトの構成概要が知りたい。
下記リンクに、ポータルサイトの構成概要を掲載しています。
ポータルサイトの構成概要へ
【導入支援マップ】 導入支援マップとは、どんな情報が見られるのですか?
太陽光の日射量などの再生可能エネルギーのポテンシャル、送電線(特別高圧以上)や、土地利用規制区域(全部ではありません)の大よその位置、更には最大積雪深などの情報を、同一マップ上で重ね合わせて表示させることができます。
岩手県再生可能エネルギー導入支援マップへ
【導入支援マップ】 Google Earthの使い方が分からない。
Google Earthのページからヘルプをご覧くださいますようお願いします。
使い勝手等に関するご意見・ご感想はお問い合わせフォームからお寄せください。
Google Earth トップページへ
ご意見・ご感想はこちら
【固定価格買取制度】 固定価格買取制度(FIT)とは何ですか。
再生可能エネルギー発電設備で発電された電気を、再生可能エネルギーの種類ごとに設定された期間・価格で電気事業者(電力会社等)が買い取る制度であり、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づき実施されています。
事前に国から設備認定を受けるとともに、電気事業者と系統接続(連系)や電気の供給に関する契約を結ぶ必要があります。
詳しくは、制度解説サイトをご覧ください。
なっとく!再生可能エネルギー(資源エネルギー庁)へ
【導入目標】 岩手県の再生可能エネルギーの導入目標について知りたい。
平成24年3月に策定した「岩手県地球温暖化対策実行計画」においてエネルギー種別ごとの導入目標を掲げています。
平成22年度を基準とし、平成32年度までに、再生可能エネルギーによる電力自給率を倍増させることを目指しています。
岩手県地球温暖化対策実行計画(岩手県公式ホームページ)へ
【太陽光】 住宅用として太陽光発電設備を導入する場合、補助金はありますか。
県では、平成26年度も被災家屋等太陽光発電導入費補助金制度を実施しており、被災(半壊以上)した住宅などの修繕や新築の際に、太陽光発電設備(10kW未満)を設置した場合、1kWあたり2万円を補助しています。
また、市町村によっては、独自の支援制度を設けている場合がありますので、居住市町村にお問い合わせください。
【太陽光】 太陽光発電は、どんな点が環境に優しいの?
太陽光発電は発電時にCO2を排出せず、燃料も使用しないので、地球温暖化防止や化石燃料の節減に貢献できます。電力会社の電気を1kWh使用すると600gのCO2を排出したことになります(※)。太陽光で電気を賄えば、この分のCO2の排出を削減したことになります。ただし、太陽光発電を作るときにCO2が排出されるため、設備のライフサイクル中に削減できるCO2の量はこれより少なくなります。 
※平成24年度 電気事業者別二酸化炭素実排出係数(東北電力(株))
【太陽光】 事業用として太陽光発電設備を導入する場合、支援制度はありますか。
県では、低利融資制度資金(再生可能エネルギー発電施設等立地促進資金)を設け、県内の中小企業が実施する太陽光発電事業(売電)や自家消費用として太陽光発電設備を設置する場合を支援しています。県内の最寄りの金融機関にお問い合わせください。
【太陽光】 太陽電池(パネル)の寿命は?
太陽電池は稼動部分がないため耐久性能が高く、一般的には、太陽電池部分が20年以上、その他の付属機器は10年程度の寿命が期待されます。
なお、太陽光発電システムの法定耐用年数は17年と言われています。ただし、所轄官庁により法定耐用年数の見解が異なる場合もありますので、詳しくは納税時にご確認ください。
国税庁HP(風力・太陽光発電システムの耐用年数について)へ
【太陽光】 太陽光発電事業を開始したいのですが、県の許認可や届出は必要ですか?
太陽光発電事業の開始に際しての県の許認可や届出はありません。
ただし、事業計画地が土地利用規制等の対象地になっている場合は、事前に該当法令に基づく手続きが必要になります。
【太陽光】 太陽光発電って北国では利用しにくいんじゃないの?
太陽光発電は光エネルギーを直接電気に変換するものなので、暑い地方が有利だとか寒い地方が不利だとか一概にいえません。太陽電池をその地域で最適な角度や向きに設置すればよいわけです。むしろ太陽電池は熱を持つと効率が下がるため、この点では北国は有利といえます。
【太陽光】 太陽光発電は雨の日や曇りの日も発電できますか?また、雪の日はどうですか?
雨や曇りで日射量の少ない時は、太陽光発電で発電した電気を優先して使い、足りない分は電力会社から電気を購入します。また、太陽光が射していれば雪の日でも発電できますが、太陽電池の表面が雪で覆われると発電できません。
【太陽光】 太陽光発電の電気は停電の時も使えるの?
万一の停電の場合でも、太陽光発電システムに「自立運転機能」がついていれば、自立運転に切り替えることで専用コンセントから電気を使用できます。
【風力】 風力発電の開発を検討しているのですが、県の支援制度はありますか?
県では、低利融資制度資金(再生可能エネルギー発電施設等立地促進資金)を設け、県内の中小企業が実施する風力発電事業(売電)や自家消費用として風力発電設備を設置する場合を支援しています。県内の最寄りの金融機関にお問い合わせください。
【風力】 風力発電の開発を検討しているのですが、適地はありますか?
岩手県には大きなポテンシャルがあり、平成25年3月末現在で、67MWの導入実績があります。風況の良い地域は導入支援マップでご確認ください。
開発を行うにあたっては、環境の保全に配慮していただくことが重要であり、開発による影響について十分に調査していただくようお願いします(一定規模以上の開発の場合、環境影響評価法など法令に基づく調査・手続きが必要になります)。
岩手県再生可能エネルギー導入支援マップへ
【風力】 洋上風力発電とは何ですか。
風車を洋上に設置して発電を行うものであり、風車の基礎を海底に設置する着床式と、基礎を海に浮かべる浮体式(流されないように係留します)とがあります。
洋上では陸上と比較して、強い風が安定して吹くこと、機器の搬入が容易であることなどのメリットがあり、ヨーロッパなどでは大規模に導入されてきています。
日本では、福島県沖などで試験機による実証運転が行われています。
【地熱】 地熱発電の開発を検討しているのですが、支援制度はありますか。
国(経済産業省)や独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(通称JOGMEC)において、地域での普及啓発や地表調査などの開発段階に応じた補助等の支援制度を実施しております。
県では、上記支援制度のご案内なども行っておりますので、随時ご相談ください。
【地熱】 バイナリー発電とは何ですか。
地熱発電は、大きくフラッシュ方式とバイナリー方式に分けられます。
フラッシュ方式は、発電用の井戸から出る熱水と蒸気を分離して蒸気でタービンを回します。
バイナリー方式は、熱水の熱を使って低沸点の媒体(ペンタンなど)を蒸発させてタービンを回します。温度が低くフラッシュ方式では利用できない場合でも地熱エネルギーを有効活用することが可能となります。
【送電線】 系統接続(連系)にかかる費用への補助制度はありますか。
固定価格買取制度における買取価格は、通常要する連系費用が含められたものとして設定されていますので、発電事業者にご負担いただくことになります。
なお、国(経済産業省)において、再生可能エネルギー発電設備と併せて送電線を整備する場合、その経費の1/3を補助する制度があります(平成26年4月15日現在、公募は行われていません)。
【送電線】 系統接続(連系)の制約状況が知りたい。
東北電力株式会社で「連系制約マッピング」を公表していますので、大よその参考としてください。
実際には、送電網の状況は刻々と変化しておりますので、東北電力株式会社にご相談ください。
【被災家屋太陽光補助金】 平成25年度と平成26年度の制度の違いは?
平成25年度の補助対象は「東日本大震災津波で被害を受けた方」としておりましたが、平成26年度の補助対象は「東日本大震災津波で半壊以上の被害を受けた方」又は「災害公営住宅(戸建タイプ)に入居する方で設備設置について市町村の承認がある場合」へと変更しました。
また、これまで設置年度(電力受給開始日)によって補助金の単価を設定しておりましたが、平成26年度においては、設置年度に関係なく、補助金の単価が2万円/kWとなります。
【被災家屋太陽光補助金】 既に太陽光発電設備を設置しているが、この場合、補助金は受けられないのか?
この補助金は設置後の申請になりますので、平成24年度以降に設置した方で条件に合致すれば、補助金を受けることができます(予算の残がある場合に限ります)。
ただし、補助金を受けられる回数は一人一回までです。
【防災拠点事業補助金(民間)】 民間施設再生可能エネルギー等導入推進事業費補助金の補助率を知りたい。
原則1/3ですが、東日本大震災津波の特定被災市町村(宮古市など沿岸部を中心とした20市町村)内の施設については、1/2となります。
【防災拠点事業補助金(民間)】 防災拠点とはどのような施設か。
災害時において救護や避難所など地域の防災拠点となる病院や福祉避難所などの民間施設のうち、市町村地域防災計画で指定されている施設を対象としていますが、詳しくは、県環境生活企画室又は最寄りの市町村にお問い合わせください。
【温暖化対策】 太陽光発電とソーラーシステムはどう違うのですか?
ソーラーシステムは太陽の光エネルギーを熱に変え、給湯や暖房に利用するものです。北国で導入する場合、集めた熱を逃がさない工夫が必要ですが、最近では真空の高い断熱性能を利用したソーラーシステムが登場しています。魔法瓶の原理と同じです。
【温暖化対策】 カーボンニュートラルってなんですか?
カーボンとは炭素(C)のことです。ニュートラルは中立、中間を意味します。木を燃やした時に排出されるCO2は、成長過程で光合成によって吸収され取り込まれたものです。このため、木を燃やしても、適切な循環利用をしていれば大気中のCO2は増加しません。この考え方をカーボンニュートラルといいます。石油などに含まれる炭素も動植物由来ですが、数億年前のものですから、カーボンニュートラルとはみなされません。
【温暖化対策】 カーボン・オフセットってなんですか?
カーボン・オフセットとは、日常生活や経済活動において避けることができないCO2等の温室効果ガスの排出について、まずできるだけ排出量が減るよう削減努力を行い、どうしても排出される温室効果ガスについて、排出量に見合った温室効果ガスの削減・吸収活動に投資すること等により、排出される温室効果ガスを埋め合わせるという考え方です。この削減・吸収活動には、環境省が定めた手続きにより認証を受けて行われた木質バイオマス等の新エネルギー利用がふくまれます。
【その他】 電力システム改革について知りたい。
電気の安定供給の確保、電気料金の最大限抑制、電気の需要家の選択肢・事業者の事業機会の拡大を目的に、電気事業の制度改革を行うものです。
平成27年から段階的に実施され、平成32年までを目途に、電気の小売全面自由化などが行われる予定となっています。
この改革により、再生可能エネルギーなど多様な電源を活用しやすくなることや、どの電力会社からどのような電気を買うのか、電気の利用者が自由に選べるようになることなどが期待されています。
');